あなたは商品企画をどの様に行いますか?

まずはターゲットを明確にし、商品内容を考え、キャッチコピーを作り上げる。
多くの方はこの様な方法をとるとはずです。しかしお茶の場合はそこに落とし穴があります。いざ原料を用意してブレンドしてみたら「あれ?うまく混ざらない。」この様な経験はありませんか?どうしてもブレンドムラが出てしまう場合はもう一度企画を練り直さなければなりません。
お茶として飲む原料は本当に数多く有ります。
大きく分けて 緑茶 烏龍茶 紅茶 ハーブティー 健康茶 たとえば緑茶の中にも大きさが5cm位のぴんと伸びた針状のものから1mmに満たない粉状のものまであります。
ハーブティーになりますと木の枝みたいなものもあれば蔦に葉が着いている様なもの、小さなタネやスパイスのパウダーまで本当に様々な原料が有ります。この様な原料をブレンドし商品にするには、大きさをそろえるカット加工や、比重をそろえる原料の選択、極端な比重、大きさの組み合わせにしない等、細心の注意を払う必要があります。

企画段階から加工を考える事 で商品を購入するお客様によりベターな商品をお届出来るはずです。是非ご相談下さい。その商品に最適な方法をご提案致します。
今まで多くの商品を扱った経験と自社ブランドを持つ事によって得た商品企画力できっと納得頂けるはずです。

ブレンド加工の例

①ローズヒップ30% レモングラス20%  ペパーミント25% 紅茶25% のブレンド この場合は2通りのご提案です。

ティーバッグ加工が必要な場合

原料をすべて5mmカットしブレンドします。ティーバッグの素材は不織布をお勧めします。それによりブレンドムラが無く粉砕後の粉も出にくいティーバッグ商品が出来ます。
リーフとして販売する場合
カットが必要なもののみ加工してブレンド。ペパーミントホールの場合8mmカットし他はカットなしでブレンドします。
ローズヒップシェルカットサイズでレモングラスが3cm程のものであればある程度ムラ無く混ざります。リーフで販売する場合見た目に何が入っているかも重要な要素になります。
②烏龍茶70% ローズレッド20% マリーゴールド10% ティーバッグの場合は前述と同じ提案をします。

リーフとして販売する場合

烏龍茶の形状が凍頂烏龍茶の様に丸まっている場合、ローズレッドを8mmカット、マリーゴールドを5mmカットします。マリーゴールドの方が崩れにくいのでカットサイズを換え烏龍茶が花の中に浮くようにします。 烏龍茶が4cm程の葉の場合、ローズレッド、マリーゴールド共カットなしでブレンドします。カットしない事により細かな粉も出ないのでより見た目にきれいな商品になります。

この様に、組み合わせる原料の種類 大きさ、目的とする商品形態等により必要な加工が違います。多種にわたる原料により最適加工を、より良い商品作りのご提案が私たちの仕事です。